栄和ガーデン株式会社 スタッフブログ

神奈川県のエクステリア会社(外構工事・庭リノベーション)が現場の声をお届け!

アラビアン・昭和レトロ

こんにちは、齋藤です。

 

かなり以前の話なのですが、ある方のリフォームの素材選びに立ち会ったことがあります。

買い取った古民家を住めるようにリフォームするというものでしたが、

近年人気が出ている古民家カフェのような佇まいで、

リフォームの完成が待ち遠しかったのを覚えています。

 

その方の、家の玄関に使おうとしていたのが、名古屋モザイクコラベルでした。

色の組み合わせ方によって、雰囲気がガラッと変わります。

どことなく、形が魔法のランプに似ていて、アラビアンなイメージもあります。

名古屋モザイク コラベル 施釉タイプ

名古屋モザイク コラベル 無釉タイプ

 

先日、このタイルを使っているお店がありました。

落ち着いた色味を選んでいます。

名古屋モザイク コラベル

 

カタログには施釉タイプと、無釉タイプがあります。

釉薬(うわぐすり・ゆうやく)が、塗ってあるものが施釉(せゆう)

塗ってないものが無釉(むゆう)です。

釉薬は、七宝焼きや陶芸の器に使われるガラスの粉のようなもので、

土台となるものに乗せてから熱を加えると溶けて定着します。

つるっとした光沢のある見た目になります。

 

カタログには上記画像以外の色も載っています。

公式ホームページでは、色のシミュレーションもできます。